カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS

 

◆Designer Profile

  

       

【Profile】 

国家公務員、民間を経て花の世界に入る。

●東京都内の花屋二軒で修業する。         

●華道家 假屋崎 省吾氏に師事し草月流を学ぶ。
草月流師範 【雅号:橋本 光凰という名を得る】   

●パリ老舗花屋四代目のフランス人アーティスト Laurent Borniche氏に師事し、本格パリスタイルを学ぶ。                                       

●PIVERDIE FRANCE にてFrench Styleを学ぶ。 

●公益社団法人日本フラワーデザイナー協会公認スクール
江口 美貴氏主宰の Flower Salon Miki Art School銀座校 にて学びその後移動し、
アルテローゼン主宰 佐藤 由香里氏に師事し、フラワーデザイナーの資格を取得する。

●英国Constance Spry Flower Schoolにてフラワーアレンジメントを学ぶ。

●その他、数々の外国人アーティストに師事し修業を積む。

●東京六本木の U.GOTO FLORISTで、ハンス ダーメン氏 ・ マリー メリオレット氏 ・ クラース ダイクストラ 氏にフラワーアレンジメントを学ぶ。

●ECOLE D’ART FLORAL にてFrench Styleを学ぶ。

●渡独し、歴史あるドイツフローラルスタイルおよびアートについて学ぶ。

【事業内容】
■フラワーディスプレイ
■いけこみ / 短期いけこみ / 出張いけこみ
■店内装飾のデザインディスプレイ
■イベント装花
■ウェディング会場装花
■スクール / 出張レッスン
■企業様向け贈答品の企画・販売
■デザイン提供
■イベント等でのデモンストレーション
■Web Shop Mariage de Fleurs 【マリアージュ ドゥ フルール】
(ウェディングブーケ、フラワーギフトなどの販売)
■Remake Factory H 【リメイクファクトリー アッシュ】
( 挙式後のウェディングブーケ保存 / フラワーアレンジメント・リースなどのリメイク)
■H Bijou 【アッシュ ビジュー】
(アクセサリー販売等)

       


【2007.04〜】 華道家 假屋崎 省吾氏の手がける数々の展覧会の助手を務める。

【2009.08〜】 渡仏し、フラワーデザイン・アートを学び、その後事業の準備を始める。

【2010.01〜】 Design H 【デザイン アッシュ】を立ち上げ、ウェディング会場装飾・ウェディングブーケ・その他ウェディング関連商品の制作・販売を始める。

【2010.02.01〜】 WEB SHOP : Mariage de Fleurs 【マリアージュ ドゥ フルール】をOPENし、ウェディングブーケ・フラワーギフト・ウェディンググッズ等の販売を始める。

【2011.02.01〜】 挙式後のウェディングブーケをリメイクして保存するという、新しい方法を考案し、アトリエTOKYO・アトリエGIFUにてリメイクのご提案・制作を開始する。

【2011.04.01〜】 Design H . Flower School 【デザイン アッシュ . フラワースクール】をスタートさせる。

【2011.06〜】 店内装飾のデザインディスプレイ・イベント装花を始める。

【2011.07】 ドイツにてデモンストレーションを行う。

【2011.10〜】 料亭・ホテル・飲食店・美容室等のいけこみを始める。

【2012.02.〜】 フラワーアレンジメントの出張レッスンを始める。

【2012.04.〜】 企業様向け贈答品の企画・販売を始める。

【2012.07】 ドイツにてデモンストレーションを行う。

【2013.08】 ドイツにてデモンストレーションを行う。

今後も、さらなる研鑽を積み、斬新なデザインのご提案・制作・販売等を行っていきたいと思っております。

◆Imagination

デザインや制作などのお仕事をさせていただく際、幼少の頃より好きな服や、自然界からイメージをし、デザイン画を描き形にしていきます。 
現在もデザインの一番参考にしているのは、高校生の時初めて目にしたアパレルブランドの 【COMME des GARÇONS (コムデギャルソン)】 です。
斬新なデザイン・クオリティーの高さそして、デザイナーの川久保 玲氏 ・ 渡辺 淳弥氏(JUNYA WATANABE)には強く惹かれ、非常に勉強になっております。
また、音楽や建築、パティシエの方が作られるgâteau(ケーキ・菓子)からや、さまざまな分野のアーティストの方の作品には多くのヒントでいっぱいです。
今後も、日々よりよいデザインを考え、商品制作・装飾等ができるよう、また、お客様にさまざまなご提案ができるよう、研鑽を積んでいきたいと思っております。